Archive for 礼拝

3/3塩見耕一牧師をお迎えしました

長く、北星学園余市高校の宗教主任をされている塩見耕一先生をお迎えすることができました。島松伝道所の良き理解者であり、困った時に助けてくださる友人でもあります。「神の息」のメッセージ。


3/3創立65周年記念礼拝


神さま

素直に聖書の言葉を読むとき
素直に聖書の言葉に耳を傾けるとき
あなたは、私たちに自由に語りかけてくださいます。
聖霊の働きがわたしたちにのぞみ、
わたしたちを生かしてくださいます。

一週の歩みを終えました。
あなたによって支えられ導かれ
日々、新たにされて 一週を歩んできました。
今朝、あなたに呼び集められて
この礼拝に集い
共にあなたに礼拝をささげるときを感謝します。

今朝は、この島松伝道所の
創立65周年記念礼拝です。
戦中、戦後 それぞれに聖書との出会いを
与えられた5人の若者が
古民家を借りて 集会をもつようになり
北海教区へ牧師派遣を要請し
千歳栄光教会の岸本貞治牧師が遣わされ
島松伝道所が設立されました。
古民家の上に十字架がたちました。

それから65年の歩みを
あなたは 自由に吹く風をもって
いつも いかなるときも 
支えてくださいました。

広い土地が寄贈され
会堂・牧師館が与えられました。

青柳剛牧師、土橋修牧師による幼児教育を柱とした
地域と共にある伝道。

滝口孝牧師とそのご家族による
障がい者と共にある教会形成の実現を喜ぶ宣教。

無念にも
滝口牧師をみもとに送り
千歳栄光教会より後宮敬爾牧師が
代務を務めてくださり
浅野純牧師が、7軒の子育て家族を含む信徒と共に
その宣教を受け継がれました。
困難がありました。
しかし、子どもたちと共に成長していきました。

わたしたちの小さな力に
地区・教区・全国の大きな力が共鳴してくださって
弱さを元手にけじめなく
会堂の再生・隣接地の購入・牧師館新築が成りました。
その返済に、
それぞれの小ささを持ち寄って取り組んでいます。
小ささを祝福してくださるイエスと共に
イエスにゆだねています。

VOP、
当事者研究
ひだまりミーティング、
ブックトーク
ひだまり図書館
島音祭゜と
その実行委員会であるワクワクミーティング、
おおきな木セッションライブ

などに再生した空間と時間を提供し
仲間を与えられています。

聖書に親しみ祈る会も再開されました。
この前のクリスマス礼拝には
島松の若枝
大西地塩さんが信仰を告白し
洗礼を受けられました。

あなたの風が、吹き続けていることを
覚え、感謝いたします。

今朝は、北星学園 余市高校で
宗教主任を長く務めておられます
塩見耕一牧師をお招きすることができました。
昨日、卒業式を迎えられ、
大きなときをへられたばかりです。

『北星余市』の生徒のみなさん
一人一人、生きづらさを抱え
苦労を抱え
にもかかわらず
だからこそ
生き生きと生きはじめて行く
その姿に寄り添ってこられました。

今日は『神の息』と題して
その力を語ってくださいます。

塩見先生を
どうぞ豊かに力づけ
あなたの良い知らせを語らせてください。

わたしたちも魂を開いて
語られる言葉を受け止めさせてください。
そして来る一年の歩み
またわたしたちの生涯の歩みの
原動力になる糧とさせてください。

覚えながら
集うことができません
一人一人
必要な あなたの言葉と
必要な あなたの業とを与えてください。

み名によって祈ります。

2019/03/03 
日本キリスト教団島松伝道所
創立65周年記念礼拝(辻中徹也 牧会祈祷)

12/23 クリスマス礼拝

どんなときも、一緒に歩んでいきましょう。

神さま、ありがとう。

礼拝後に集合写真

12/23 クリスマス礼拝 洗礼式

クリスマス礼拝は嬉しい時となりました!

島松で育った青年、大西地塩さんが

信仰告白をいたしました。

こどもの頃の思い、そして青年になってからの自分、

教会とのつながりの中で、

自分の居場所として「教会がある」

自分らしく生きる場として教会はあると、

神さまが支えてくれると語りました。

「信じます」

「洗礼を授けます」

歓迎の握手

続9月のことですが・・

翌日は信徒証言礼拝

「僕たちのきずな」

ー私について来なさい。人間をとる漁師にしようー

(マタイ4:19)

山根耕平さん(浦河教会)

早坂潔さん(浦河教会)

丁寧に準備して備えてくださったとのこと。

いつも、心打たれる内容です。

(写真がイマイチですみません)

IMG_0412

IMG_0413

IMG_0395

IMG_0397

礼拝後、昼食

IMG_0423

もう1枚!

IMG_0425

 

 

 

 

クリスマス礼拝のご案内

今年のクリスマス礼拝は12/23

イヴ平和賛美礼拝&キャロリングは12/24

どうぞ、初めての方も、久方振りの方も

お越しをお待ちしています!!

スキャン

 

4/1イースター礼拝

本当にご無沙汰しておりました。

また、ボチボチお付き合いください。

4/1イースター礼拝後、

久方ぶりの集合写真でした。

今年度もよろしくお願いいたします!

2枚で間違い探し?

DSCN0641

DSCN0643

12/24 クリスマス礼拝・祝会・キャロリング

私、この頃カメラ不調のため・・・

スミマセン・・

クリスマスへと ひとっ飛び!

礼拝後に。

DSC00155

楽しみな祝会

先ずはメニューから

DSC00160

DSC00166

DSC00173

恒例、揚げたて! 今年はトンカツ

DSC00183

暗くなってから、近くの病院へキャロリング。

DSC00233

私たちに向かって、手を振って応えてくださる。

よい、クリスマスと新年を!

DSC00232

DSC00239

 

 

 

 

9/17 転入会式& 信徒証言礼拝

嬉しい礼拝。

新しいメンバーが与えられました。

日曜日はほとんど仕事のため、今日は特別な日曜日です。

どうぞ、これから末永くよろしくお願いいたします。

この日を与えて下さった、神さまの導きに感謝いたします。

式の中で自己紹介です。

DSC04072

続いて、浦河教会から3名の方を迎えて信徒証言礼拝です。

浦河教会、べてるの家との出会い。

病気との付き合い。

トップは池松靖博さん。

写真のタイミングが悪く、ゴメンナサイ!

IMG_0436

続いて、山根耕平さん

かつて所属していた教会の話も、楽しく。

IMG_0438

最後は、早坂 潔さん

20代から60歳までの歩みを、語ってくださいました。

大丈夫だー、神さまがついてるぞ!と。

3人とも、ホッと励まされる証しです。

IMG_0441

礼拝後の写真。感謝の礼拝でした。

IMG_2073

昼食後、当事者研究を体験。

べてるの家スタッフの池松麻穂さんのリードで、

『当事者研究の理念』を読み合い、語り合っています。

何度読んでも、新しい発見があります。

心が軽くなります。

声をだして読み合うだけでも、いい時間になります。

(今年1月の北海教区年頭修養会に参加した方、

お配りしたノート、そのままになっていませんか?

どうぞ、ぜひ開いてみてくださいね!)

DSC04078

この後、全員の自己病名をホワイトボードに書いて、

ながめながら、研究となりました。

生活はそれぞれ違いますが、共通した苦労を

もっていることを知り、安心しましたね。

 

 

 

 

9/3 台湾ブヌン民族の方々を迎えて

台湾長老基督教会中布中会(ブヌン民族)の方々を17名お迎えしました。

9/1〜8北海道の教会を訪ねられました。

素晴らしい歌声をお聞きしたいと思い、音楽礼拝としました。

どんなことになるのか、楽しみです。

 

3日朝、いつもより、礼拝の椅子の数多いです!

すでに JaXonさんが練習中

DSC04032

到着された、ブヌン民族の方々の練習

DSC04033

礼拝

前奏 「再生」フルート:畠中秀幸、ピアノ:JaXon

DSC04037

主の祈り、讃美歌21-361  この世はみな はそれそれの言葉で。

民族音楽 : オリジナル曲を演奏

トンコリ(アイヌ) ディジュリデゥ(アボリジニ)

馬頭琴(モンゴル) タブラー(北インドの太鼓)+ 声

DSC04042

 

ギター演奏

DSC04045

ブヌン民族の方々の讃美 2曲

DSC04047

説教 「 変えられた命 」ルカ福音書19:1〜10

サオウ・タナビマ牧師(中布中会議長)

通訳 ディヴァン・スクルマン宣教師(札幌在住)

DSC04048

讃美歌21-484  主われを愛す

後奏  ブヌン民族の方々の讃美

素晴らしい礼拝でした

民族や習慣の違い、悲しい歴史も音楽が超えます。

『全ての兵器を 楽器に変えて。

全ての紛争を 祭りに変えて。

全ての涙や怒りを 歌声や祈りに変えて。』と祈りました。

礼拝後、そのままの椅子でパチリ、50人だー。

DSC04051

大きな円になって昼食をいただきました。

その後、民族楽器の紹介、二宮さんこと、トンコリさんへの質問タイム

私の手作りです‥‥‥えっ、台湾にも来て下さい。

都築さんこと、ディジュリデゥさんも手作りです。

DSC04063

DSC04054

私たちからも質問。

素晴らしい声はどうして?

狩猟中、遠くの人にも届くように。

山岳での暮らしから、体もマッチョ。

DSC04057

ヤッコさんの歌には、大きな拍手とアンコールの嵐

DSC04065

最後、私たちはひとつの円になり、手をつなぎ

サオウ牧師のリードで讃美をしました。

力強い、温かい、どこまでも届く讃美の声でした。

ウニナン、ウニナン(ありがとうございました)