Archive for 礼拝

9/17 転入会式& 信徒証言礼拝

嬉しい礼拝。

新しいメンバーが与えられました。

日曜日はほとんど仕事のため、今日は特別な日曜日です。

どうぞ、これから末永くよろしくお願いいたします。

この日を与えて下さった、神さまの導きに感謝いたします。

式の中で自己紹介です。

DSC04072

続いて、浦河教会から3名の方を迎えて信徒証言礼拝です。

浦河教会、べてるの家との出会い。

病気との付き合い。

トップは池松靖博さん。

写真のタイミングが悪く、ゴメンナサイ!

IMG_0436

続いて、山根耕平さん

かつて所属していた教会の話も、楽しく。

IMG_0438

最後は、早坂 潔さん

20代から60歳までの歩みを、語ってくださいました。

大丈夫だー、神さまがついてるぞ!と。

3人とも、ホッと励まされる証しです。

IMG_0441

礼拝後の写真。感謝の礼拝でした。

IMG_2073

昼食後、当事者研究を体験。

べてるの家スタッフの池松麻穂さんのリードで、

『当事者研究の理念』を読み合い、語り合っています。

何度読んでも、新しい発見があります。

心が軽くなります。

声をだして読み合うだけでも、いい時間になります。

(今年1月の北海教区年頭修養会に参加した方、

お配りしたノート、そのままになっていませんか?

どうぞ、ぜひ開いてみてくださいね!)

DSC04078

この後、全員の自己病名をホワイトボードに書いて、

ながめながら、研究となりました。

生活はそれぞれ違いますが、共通した苦労を

もっていることを知り、安心しましたね。

 

 

 

 

9/3 台湾ブヌン民族の方々を迎えて

台湾長老基督教会中布中会(ブヌン民族)の方々を17名お迎えしました。

9/1〜8北海道の教会を訪ねられました。

素晴らしい歌声をお聞きしたいと思い、音楽礼拝としました。

どんなことになるのか、楽しみです。

 

3日朝、いつもより、礼拝の椅子の数多いです!

すでに JaXonさんが練習中

DSC04032

到着された、ブヌン民族の方々の練習

DSC04033

礼拝

前奏 「再生」フルート:畠中秀幸、ピアノ:JaXon

DSC04037

主の祈り、讃美歌21-361  この世はみな はそれそれの言葉で。

民族音楽 : オリジナル曲を演奏

トンコリ(アイヌ) ディジュリデゥ(アボリジニ)

馬頭琴(モンゴル) タブラー(北インドの太鼓)+ 声

DSC04042

 

ギター演奏

DSC04045

ブヌン民族の方々の讃美 2曲

DSC04047

説教 「 変えられた命 」ルカ福音書19:1〜10

サオウ・タナビマ牧師(中布中会議長)

通訳 ディヴァン・スクルマン宣教師(札幌在住)

DSC04048

讃美歌21-484  主われを愛す

後奏  ブヌン民族の方々の讃美

素晴らしい礼拝でした

民族や習慣の違い、悲しい歴史も音楽が超えます。

『全ての兵器を 楽器に変えて。

全ての紛争を 祭りに変えて。

全ての涙や怒りを 歌声や祈りに変えて。』と祈りました。

礼拝後、そのままの椅子でパチリ、50人だー。

DSC04051

大きな円になって昼食をいただきました。

その後、民族楽器の紹介、二宮さんこと、トンコリさんへの質問タイム

私の手作りです‥‥‥えっ、台湾にも来て下さい。

都築さんこと、ディジュリデゥさんも手作りです。

DSC04063

DSC04054

私たちからも質問。

素晴らしい声はどうして?

狩猟中、遠くの人にも届くように。

山岳での暮らしから、体もマッチョ。

DSC04057

ヤッコさんの歌には、大きな拍手とアンコールの嵐

DSC04065

最後、私たちはひとつの円になり、手をつなぎ

サオウ牧師のリードで讃美をしました。

力強い、温かい、どこまでも届く讃美の声でした。

ウニナン、ウニナン(ありがとうございました)

 

 

 

 

 

 

9/3音楽礼拝 台湾基督教長老教会中布中会の方々を迎えます

台湾出身、札幌在住で素敵な活動をされているディヴァン・スクルマン宣教師とともに、台湾長老基督教会中布中会の方々17名をお迎えして礼拝をささげます。

説教:サオウ・タナビマ牧師(中会議長)

通訳:ディヴァン・スクルマン宣教師

日本との文化交流ということで、

音楽礼拝といたします。

10:15〜11:45

どなたでもご出席できます。

演奏者

二宮規一(トンコリ)

都筑賢司(ディジュリデゥ)

JaXon   (ピアノ)

畠中秀幸(フルート)他

台湾の方々にも、歌、踊りをして頂く予定です。

4/16イースター礼拝

春の到来と一緒に迎えるイースター礼拝。

今年は4/16。

主イエスの復活の力を頂きました。

ひとり一人が、主イエスの復活の光の中に置かれていることに

感謝します。

いつもより大勢でイースター礼拝をささげることができ、嬉しい日。

焼きたて、熱々のパンで聖餐式も感謝。

 

礼拝後の集合写真。

何人かは、帰られましたー

はいはい、すわってくださーい。

DSC03641

もう少し、整えて・・・

DSC03642

はい、スマイル。

DSC03644

次は、カメラマン交代で(何枚もスミマセン・・・)

DSC03646

さて、今年のごちそうは?

DSC03651

DSC03652

DSC03653

DSC03654

DSC03655

あっ!! 揚げたて「とんかつ」を撮り忘れてます。

熱々で最高でした!

 

恒例、全員の「近況メッセージ」を終えて、

最後の出し物は、「声鉄」というらしいです。

大学で「鉄道研究会」所属、地塩くんの

山手線の音&車掌アナウンスを再現。

みな、大喜び。

アンコールに応えて、札幌地下鉄の

札幌駅もしてくれました。

DSC03681

ありがとー 旅の気分になりました。

それぞれ、人生の良い旅となる一年でありますように。

 

 

 

3/5 創立63周年音楽讃美礼拝

教会の歴史は不思議です。

数えきれない困難や苦労「にもかかわらず」この地に

あり続けることが出来ました。

神さまの不思議な業(わざ)としか表現できないことです。

神さまと、連なり支えて下さった多くの方々に感謝いたします。

 

63周年は、音楽讃美礼拝として試みました。

いつもの式順も少し変えてみました。

前奏は(ウエルカムソング)としてBachのカンタータ82-3.Aris。

歌:大西真言、ピアノ:JaXon

DSC03566

DSC03567

 

何枚かの写真を見ながら、歴史を振り返りました。

草創期の会堂島松だより第33号_2014-11-30 1954年

当時疎開用の農地と居宅を譲りうけ会堂とした。

島松の青空に浮かぶ十字架の白さに感嘆。

島松だより第33号_2014-11-30島松だより第33号_2014-11-30 のコピー

1960年、左の建物は牧師館。

右が新会堂。周囲は田畑。

不安定な敷地に、洋風でモダンな会堂。

2代目青柳剛牧師時代。北海道大学80周年に来道していた、

元札幌農学校講師クラーク博士のお孫さんにあたる

W・S・クラーク三世を島松に招いたことがきっかけで、

同氏の応援を受けた。

img012

DSC03563

本日の聖餐式のパン。焼きたてです。

ほかほかのパン、焼きたては初めての体験。

祝福後、ひとり一人に裂いて渡されました。

DSC03564

礼拝後、集合写真。

DSC03572

「63」に見える?見えない!見える人も。

DSC03573

もちよりの祝会。豪華でしたのに、

すでにお皿が空いてからでした!失礼!

DSC03579

 

DSC03580

一言ずつ、「こんな教会になったらいいね」

を当事者研究風にしてみました。

さあ、これからも、順調に苦労しながら・・・

開かれた教会となるように、歩んでいきたいと思います。

DSC03581

 

3/5 創立63周年記念音楽讃美礼拝

創立63周年を迎えます。

恵庭市島松での歴史に感謝して、音楽讃美礼拝を守ります。

どんなアレンジがされるでしょうか。

お楽しみにお越しください。

初めての方も大歓迎です。

IMG

クリスマス礼拝

12/25 クリスマス礼拝

3名の方が転入会されました。

私たちの祈りが叶った、感謝の礼拝です。

 

dsc03377

教会員も共に歩むことを「約束します」と。

dsc03381

歓迎の握手。

dsc03396

dsc03397

礼拝後に記念写真。

今日、欠席の方々のことも覚えて祈りました。

 

dsc03404

10/23 信徒証言礼拝

報告が遅れましたが、10/23

浦河教会から3名の方を迎えて、信徒証言礼拝をささげました。

今年で4回目です。

浦河教会からは本当にたくさんのことを学び、分かち合っています。

「弱さを元手にけじめなく」

「弱さを絆に」

そんな言葉を合い言葉に、一緒に研究させていただいています。

ありがとうございます。

1回目は、向谷地生良さん(もう15年位前?)

2回目は、早坂潔さんと山根耕平さん

3回目は、早坂潔さんと本田幹夫さん

今回4回目は、

池松靖博さん、山根耕平さん、早坂潔さんです。

dsc03223

 

dsc03181

池松靖博さん。他の教会での証しは、初めてとのこと。

「浦河べてるの家」との出会いを。

 

dsc03193

山根耕平さん。

前の勤務先で苦労し、べてるの家へ。

「そのまままで、100点満点なんだ」

と気づいた。

dsc03210

最後は、「ミスターべてる」こと、早坂潔さん。

神さまが、ちょうど良くして下さる・・

島松ではおなじみの仲間。「友よ!」

dsc03213

礼拝後。

心が柔らかくなり、祝福された礼拝でした。

潔さんだけ Vサイン決まってる!!

dsc03180

こちらは、前夜の夕食会。

池松さん、最高の笑顔!!

メニューは、もちろん、ジンギスカン。

お肉3キロでした!

3/27イースター礼拝

2015年度、2回目のイースターを迎えました。

DSC02260

嬉しい礼拝です。転入者が2名与えられました。

Nさん親子です。

幼児洗礼を受けている中学生のK君は車いすの上で式の間気持ち良さそうに眠っていました。祝福された時間。

DSC02264

自己紹介

DSC02267

歓迎の握手。K君はまだスヤスヤ。

DSC02270

集合写真。

DSC02271

恒例のもちより愛餐会。写真のことを、すっかい忘れ、

今回は素敵な食事の写真がありません。残念!!

食事でお目覚めしたK君。

どうぞよろしくお願いします。

DSC02280

バリアーフリーの建物に再生されていて、本当によかったです。

 

 

 

創立62周年記念礼拝

島松伝道所1954年3月10日創立。

3・11の前日が創立記念日です。

今年は、北星学園余市高校宗教主任の塩見耕一牧師をお迎えしました。

島松伝道所の良き理解者であるり、応援者であり、時々シェフにもなって下さる方です。

メッセージは『よくやった』マタイ:25:14〜30

「小さくても、一歩を踏み出すのはともて勇気のいることですが、

その一歩が導かれますように・・」と。励まされました。

DSC02165

礼拝後に写真撮影(この日、徹也牧師は浦河教会の礼拝応援に)DSC02167

もう一枚。

DSC02170