伝道所の歴史

 
1954 島松伝道所開設 岸本貞治牧師( 千歳栄光教会兼牧)
茅葺き屋根の礼拝堂
付属ナザレ幼児園開園
1955 青柳剛牧師 就任
1960 現会堂献堂
1964 幼児園のため増築
1974 土橋修牧師 就任
1980 苫小牧地区共同牧会で現牧師館を建築
1984 ナザレ幼児園閉園
1986 池田隆夫牧師代務者 就任
1987 滝口孝牧師 就任
標語「障がい者と共にある教会形成」スタート
島松宣教協力募金開始
1990 滝口孝牧師 召天
後宮敬爾牧師代務者 就任
1991 浅野純牧師 就任
霊南坂教会ワークキャンプ開催
1996 辻中徹也牧師 就任
辻中明子牧師 就任
2000 浦河伝道所&浦河べてるの家との共同研究開始標語「弱さを元手に、けじめなく」スタート
2004 台風18号で会堂屋根被災
2005 教会建築献金開始
2006 地元農家の野菜を全国に通信販売する「しままつ野菜だより」開始
2007 「木の教会コンサート」開始
2008 礼拝堂改修〔約790 万円〕
2009 油絵教室、ゴスペルクワイア活動開始
2011 牧師館建築のために隣接地100 坪購入〔700 万円〕
2012 標語「弱さを元手に” ひだまり” はじめます」 スタート
当事者研究開始
2014 会堂再生・牧師館建築の総会決議可決